男体山に消ゆ

東武日光まで浅草からの直通列車で朝一番早いのは特急が7:30発の9:18着、快速が6:20発の8:25着。
ガイドブックによると「男体山は休憩含めて往復8時間は見ておきたい」とあったので、
できるだけ早く登山を始めるため快速をチョイス。写真は浅草でてすぐの隅田川渡るとこです。

しまった!
というほどの想定外ではないんだけど、
北千住にホームを埋め尽くすほどの乗客が待っていました。
すでに100%近くなのに、こんなの乗れないやろと思うほど密度に結局なるのが首都圏、多分東武も計算ずく、ひどいものですわ。
この密度では日経新聞で顔を覆ってしのぐしかありません。ふむふむ日本株強いな。。

栃木に入ると徐々に人が減ってきて、気づくと外は田植え直後の田舎っぽい風景になってきました。
ボックストイ面の女の子とそのお母さんが風景に見入っている。微笑ましいし。


AD



買ったばかりの一眼レフ、テスト的にいろんな撮影してみようとぱしゃぱしゃしてたら(田んぼを)。
女の子が何処からともなく一眼レフ取り出して負けてられるかと高速でぱしゃぱしゃしだした。
で気がついたらお母さん、どこにあったの?ってくらいの一眼レフの親玉みたいの引っ張りだしてきて、ピピッ、、、バシ!ピピッ、、、バシ、おばさん攻撃力強すぎww
そして、ボックス最後の4人目、静観を決め込んでいた最高齢おっさん(連れ)、思わずアイポンでぺしぺしw、ムダな抵抗すぎるwww
てかなんだここのボックスww
これはさすがに笑をこらえるのが困難であやうく制御棒無しでおならがでるところでした。(つまり制御は働いており。。

東武日光駅からは東武バスで湯本温泉行きですが、ちょっと握り飯買ってる間にバス乗り行列が出来上がってしまって出遅れてしまいました。
しかし運転手曰くすぐ次に臨時がくるから大丈夫とのことだったので、大人しく待ってみたら、
なんか乗車率80%ぐらいの観光バスがとまってきて、これがそうだよっておい。。。
なんとかギリですわれたからよいものの、私らより後ろの人はさらに次を待つ事に、、カワイソス。。。
人を簡単に信じちゃいけないってばっちゃが言ってたもんな。。(違
 ※今思えばJR日光駅が始発で次が東武日光駅だからっぽいです。

小一時間いろは坂で若干酔ったところで、二荒山神社前で途中下車します。
思ったより降りる人が少ないので普通の多くは戦場ヶ原とかに行くもんなんでしょうね。
バス停から見た中禅寺湖とってみました。まだまだですな。。。
 ※後で知ったけど、朝6時の開門と同時に登ってお昼には下山する方も多いそうな。

二荒山神社で500円払って受付をすませますが、その前にする事がありますね。
これはありそうな、こうなるのも宿命ですな。

男体山の頂上が綺麗に見えてます。
ひぐらしのような奴がわんわん鳴いてたんだけど、この時期はて何の虫?

道のりは長いので、木段ぐらいはテンポよく

くっ、ここは俺に任せての奴さんですよね、こんにちわ。

こちらはなんでしょう? なぞなぞのようですが。。

答えらしきものがここに、、、もやもやするにも程があるだろ(おこ

そういえばこのころはまだ眺望を楽しむ余裕もありました。。

そして突然の9合目。(察してください。。。

なんか背中がひんやりするなと思ったら、背後に残雪、すなわち敗残。。。

「無駄に長げーよーもー(泣」などと常時大声で不平不満を発っせらるるお方が非常にあれなのでやり過ごしてます。
地面が赤くなってきました。頂上がもうすぐのようです。
というか泣き入れる割にはしっかり登ってくなあいつ。。。新手の燃料か。

山頂ついた。苦難の末なんだけど、達成感に浸る余裕すらないとは。。。
こんな登山はしちゃ行けないよね。。。

恒例の山頂ラーメン。初めてでしたごめんなさい ><

そういえばあの不平不満にいちゃんどこいったんだろ、、、はっ!(違

Leave a Reply


ぶらり旅ブログ村はこちら
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ